管理者あいさつ

北本地区衛生組合 管理者 現王園孝昭

北本地区衛生組合
管理者

現王園 孝昭

 北本地区衛生組合は、首都東京の50キロメートル圏で埼玉県の中央に位置し、鴻巣市、北本市、久喜市、吉見町の3市1町の構成で、し尿処理を共同処理する一部事務組合として設置されております。
 快適で文化的な生活を営むために、清潔で明るくすみよい生活環境づくりは住民すべての願いであり、地方自治体の共通の課題であります。
 とりわけ、し尿・生活排水処理は、私たちの生活に1日として欠くことのできない大事なことでありますから、環境衛生施設の整備は重要施策の1つとなっております。
 北本地区衛生組合の設立当初は、好気性硝化処理方式の施設で、処理にあたってまいりましたが、建物、機械設備等の老朽化が著しくなり、かつ生活様式の変化による浄化槽汚泥処理への対応、また周辺の住環境等に対応するため、平成5年度から3箇年継続事業として、処理能力136klの施設を建設し、新処理施設の愛称を「クリーンセンターあさひ」として再出発いたしました。
 処理方式には、高負荷脱窒素処理方式を採用し、コンピューターによる中央監視システム、自動運転により省力化がはかられる等建設時の処理技術を集成し、将来の社会情勢の変化、生活環境保全のための環境対策を考慮するとともに、経済的合理的な計画を基本として整備を行ったものであります。
 施設の景観については、空地に植栽を施し、緑にかこまれた環境とし、建物の外観、意匠等についても従来のイメージを一新する画期的なものとした次第であります。
 近年、インターネットの普及により様々な情報がホームページ等から簡単に得られるようになりました。このようななか、北本地区衛生組合でもホームページを開設し、組合行政の透明性を確保するべく、住民の皆様に組合行政情報を公開してまります。
 今後は、随時情報を更新し、内容の充実を図ってまいりますので、住民の皆様に北本地区衛生組合の活動等を広く知っていただき、関心を深めていただきたいと思います。
北本地区衛生組合 管理者 現王園 孝昭
構成市町(鴻巣市・北本市・久喜市菖蒲地区・吉見町)

top